前へ
次へ

首都圏の投資用マンションが人気の理由

首都圏の投資用マンションの販売が人気を博しています。住宅ローンと同様に投資用不動産向けのローンが開発されたことで、一般の人もわずかな資金で購入が可能になっていることが理由に挙げられます。しかしながら、単身世帯向けのワンルームマンションを中心に、需要はまだまだ底堅く続いていくものと思われます。首都圏、とりわけ東京都心の人口の増加が急速に進んでいるのが現状です。その多くが単身世帯であり、ワンルームマンションの需要を支えていると言えるでしょう。近年のデフレの影響を受けて、都心部の不動産価格は下落傾向にありました。それにより、利便性の高い都心部に、企業や大学などの教育機関が都心に回帰現状が、都心部の人口増加の要因となっています。

Page Top