前へ
次へ

少額資金で始められる不動産投資

世の中には数多くの投資があります。その数多くある投資の中で、今最も注目を集めている投資が不動産投資です。具体的に不動産投資とは、投資用マンションやアパートの1室を購入し賃貸して賃料を得るというシステムです。一昔前の不動産投資はお金持ちが行うものというイメージがありましたが、この不動産投資は自己資金が少なくても始められるので、20代や30代の比較的若い世代のサラリーマンやOLに特に人気がある投資になっています。しかし不動産投資というと、入居者の問題や建物の維持、メンテナンスなど面倒なことが多いと思っている人が居ますが、これら全て委託する管理会社が行ってくれるので、オーナーの仕事は入居者から毎月振込まれる賃料を確認するだけになります。

新しい便座の設置場所への出張見積もりを無料で行っています

ネットでお部屋の中の様子を見学できます

愛知であなた好みのマンションリフォームをしてみませんか?

分譲マンションを利用した投資

分譲マンションを購入した場合、そこにはもちろん自身が住むことができます。また、自身が住むのではなく、人に貸すことも可能です。そして、貸すことによって、家賃の支払いを求めることもできます。早い話が、購入した分譲マンションは、投資用マンションとして使うことができるということです。さらに分譲マンションを、住宅ローンを組んで購入した場合にも、投資用マンションとして使うことが可能です。月々の住宅ローンの支払いが10万円だとします。そのマンションを、1ヶ月の賃料を10万円以上にして貸し出せば、差額は自分の収入となります。分譲マンションを購入すると、毎年固定資産税の支払いが必要になりますが、それには借り手から支払われる礼金や更新料を充てることができます。

Page Top