前へ
次へ

税理士試験と科目免除システムについて

税理士になるためには、税理士試験を受ける必要があります。この試験は毎年8月に行われ、必修科目を2科目、選択必修科目を1科目、そして選択科目を2科目受けて、すべてに合格すると、税理士の資格を得ることができます。しかし、税理士試験は難易度が高く、一発ですべて通ることはなかなか困難です。そのため、すべてに通らなくても、たとえば2科目に合格していれば、資格を得るまでその2科目は合格扱いとなります。ですから、他の3科目に通りさえすればいいのです。また、商学や法学、経済学などの修士号または博士号を持っていれば、税理士試験で一部の科目を免除してもらうこともできます。それ以外に、一定期間以上税務署に勤務した人が税理士試験を受ける場合にも、税法関連の科目を免除してもらえます。

top用置換

top用置換2
Page Top